目薬も正しく使用しよう

 目薬をリップクリームのように気軽に使用する人がいますが、当然ながら薬の一種であり、副作用を恐れなければなりません。CM等では、俳優が疲れ目にさすことで笑顔を取り戻す映像が繰り返し流されますが、そこから受ける印象とは似ても似つかないものであり、必要以上に点眼しては逆効果になることもあります。用法用量は正しくが基本です。

以下、充血した疲れ目に点眼することの危険性を、具体的に説明することにしましょう。

 自分の目が充血していることに気付くと、ケアしなければならないと考えるのは自然なことです。しかしその手段として目薬をさすのは誤りです。そもそも充血の原因、仕組みをご存知でしょうか。健康な目を見ても分かるのは、白目の部分に血管が存在することです。太い血管もあれば、毛細血管も走っています。毛細血管は健康状態下では表に現れませんが、疲れると出現します。これが充血の正体です。疲れると毛細血管が浮かび上がるのは、単純な仕組みによります。目の機能が弱まると、血流が滞ります。すると毛細血管まで血液が届きにくくなり、目は栄養や酸素を得られなくなってしまいます。それを少しでも防ぐために、毛細血管は拡張するのです。

 つまり目の充血は、目を守るための生理的機能であり、深刻に捉える必要はありません。ですが見た目のインパクトが大きいためか、多くの人が不安を感じて目薬に頼ろうとします。目薬を充血した目にさすと、確かに充血が消えたようにも見えます。実はこの時、目薬の成分が毛細血管を締め付けているのです。もちろん生理的機能を無理に封じるわけですから、酸素や栄養の不足は一層深刻化します。この事実に気付くことなく目薬をさすことが如何に危険か、お分かりになるでしょう。

こうした危険性も含めて薬剤師の求人を探している人は、知識として頭に入れておくとよいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です