ジェネリックとは何か

 ジェネリック医薬品という呼び名は、耳目にされたことのある人も多いでしょう。しかしこの薬の性質をきちんと理解している人は少ないかもしれません。ジェネリックは製薬会社が積極的に宣伝したことで、患者の中には誤解して、最先端の薬だと思い込んでいる人もいます。しかし実際は真逆であり、ジェネリックは「後発薬」を意味していると言われています。つまり先発薬の中から特許の切れたものを選び出し、それらを真似た薬に他なりません。では先発薬との違いは何かと言えば、安いことです。医療業界ではジェネリックをゾロ薬と呼ぶ人もいますが、特許が切れた途端に多くの製薬会社が真似始めて、大量生産されるのですから、そう呼ぶ人たちの気持ちも理解できます。ジェネリックは当初は珍しい薬と思われていましたが、今では6割のシェアを実現していると言われています。この躍進には製薬会社の事情も関係しているのですが、政府が推し進めたことも主要因であることは間違いないのではないでしょうか。政府がジェネリックを薦めるのには理由があります。昨今の医療費の膨張はとどまるところを知らず、既に40兆円を超えています。ジェネリックのシェアを広げることが出来れば、医療費の削減に繋がり、福祉政策が安定するという目論見が厚労省にはあると考えられています。もちろん厚労省が廉価版の薬を認可するに至った経緯の中で、相応の安全確認はされていることでしょう。しかし患者にとっては説明が不十分であるようにも思われるはずです。

 製薬会社が一つの薬を開発するに当たり、厖大な時間と多額の資金とが必要になることはよく知られていると思います。完成に10年以上費やすことも、数百億円掛けることも珍しくありません。特に細かな技術を要する薬の場合、開発費用は天文学的な額にのぼります。ですから開発費用の掛かっていないジェネリックの生産は、製薬会社にとって旨味の多分にあるビジネスだと考えてよいでしょう。今ではジェネリックも多様化しており、中には完全なコピー製品ではないものもあります。オリジナルに少しだけ改良を加えた薬がそれに当たります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です