目薬の正体

抗アレルギー剤や風邪薬、胃腸薬と並んでよく購入される薬に、目薬があります。目薬は「薬」であると認識されにくいのか、薬局等で気軽に購入します。特にCMにおいて、爽やかな俳優や女優が疲れ目に目薬をさして笑顔になるのを目にすると、危険なものとは夢にも思わず、ついつい手が伸びてしまうようです。もちろん目が相当に疲れているのも事実なのでしょうが、それにしても思慮に欠けた振る舞いです。そもそも充血した疲れ目に薬を投与しなければならないのでしょうか。

 目が充血する仕組みは単純です。白目は太い血管の他、健康な時は現れていない毛細血管が、密に張り巡らされています。目が疲れると血流が悪くなり、毛細血管まで血液が届かなくなります。血液が届かなければ、必要な栄養、酸素を得られずに目が異常をきたすことになりますから、それを防ぐため、毛細血管を拡張し、血液の通りをよくします。この毛細血管の拡張が充血の正体なのです。ですから目の充血は「疲れている」というシグナルではあっても、目の正常な働きに基づいた現象と言え、必要以上に心配することはありません。充血を見て焦ってしまい、すぐに目薬を差す人もいますが、大きな間違いです。

 目薬には充血を抑える効用がありますが、それは血管を締め付ける成分が含まれていることによります。毛細血管が締め付けられれば、充血の機序を考えると、充血が取れるのは当然と言えます。しかし充血の根本原因である酸欠、栄養不足が解消されるわけではなく、むしろ目薬をさすことで悪化してしまいます。この事実を知れば、目薬が怖いものであることが分かるでしょう。目が疲れて酸欠状態に陥っているのであれば、休ませることが何よりも肝心です。つまり睡眠をとることが大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です