薬局をめぐる諸問題

多くの職業や、仕事が細分化されている現代において、薬局がどのような役割を担っていくのかということは、考えなければいけない問題であると言えるかもしれません。患者の視点から言えば、病院に通って、薬の処方箋を出してもらったとしても、どこで実際に薬を処方してもらうのか、ということは全くの自由であるため薬局や薬剤師が積極的に宣伝をしたりすることで、多くの集客を見込むことができるということはあまり知られていないのかもしれません。コミュニケーションが少なくなってくるというようなことが、多く言われている現代においては、薬剤師自身が能動的に動いて患者の話を聞くという態度を持つことが、特に重要となってきているわけです。そのような考え方を、端的に表した概念としてはかかりつけ薬局という言葉がそれに該当するのではないでしょうか。

まず、薬局で処方箋を渡し薬剤師が様々な患者の情報を比較しながら、体調が大丈夫かどうか薬との相性はどうなのかということを、細かく確認しながら進めていくわけです。常に、この薬剤師に薬を処方してもらうとか、常にこの薬局を利用することにしているという風に、かかりつけの薬局を決めておくことで、薬の重複という大きな問題を避けることもできる点は見逃せません。そもそも薬局というものは、病院と薬剤調合を分離させようという動きから生まれたものであるわけで、このような重複と言う事態が起こってしまうのは、致し方のないことなのかもしれませんが、かかりつけ薬局というものを作ることで、 様々な点でメリットがあるということがもっと知られてもいいと考えられます。