お米と日本人

 最近は糖質制限ダイエットがブームとなり、お米を避ける人が増えています。お米の糖質ばかりに目が向いてしまい、「お米と共に築いてきた日本人の心性」という大局を、見過ごす人が多いのでしょう。お米をこのまま捨て去ってしまい、日本人の食事が完結するのかは疑問です。遥か昔からお米が日本人の身体を形成してきたことを踏まえると、現代の日本人に合った主食も、やはりお米ではないかと考えます。しかも日本における食料自給率の高い食品は、お米くらいのものです。この上お米まで無くなってしまえば、世界的食糧難が生じた時、どのように対処するつもりなのでしょうか。食品を一切輸入できない状態は、未来のどこかで起こり得ます。現に世界各地で異常気象が発生しており、馬鹿にできる話ではありません。専門家の中には、それが10年後だと喝破する人もいます。日本人が万一の場合に備えて残すべき生命線、それがお米であり、日本人の生命エネルギーだと考えます。ただダイエットに夢中の人、糖質の健康への悪影響を恐れる人は、意地でも避けようとするでしょう。そこで彼らにこそ食べてほしいのが、玄米です。玄米は白米に比べ、血糖値の上昇が緩やかなので、安心して食べることができます。もちろん食物繊維も豊富であることから、胃腸の健康を増進してくれます。また栄養価の高さがもたらすメカニズムにより、免疫システムの活性化も期待できます。

 玄米の欠点を敢えて挙げるならば、消化は良くありません。それを苦手として避ける人もいるでしょう。小さいお子さんにも不向きです。ですから、子どものいる家庭であれば、3分づき米が薦められます。玄米に比べれば柔らかく、消化も申し分ありません。