「自作だしのもと」

 健康的な食生活は、少しの工夫で実践できます。例えば「だしを取る時間もないほど忙しい」という人は、市販の味気ないパックを利用していることと思います。確かに料理人でもないのにだしを取るのは大変です。しかし食品添加物を始め、何が入っているのかよく分からないものをだし代わりに用いるのは、感心できません。そこでお勧めしたいのは、自分でつくる「だしのもと」です。この「だしのもと」を使って、毎日の味噌汁をつくることもできます。つくり方は難しくありません。ミキサーに干ししいたけ、煮干しを入れ、回すだけです。これで粉末状の「だしのもと」が出来上がります。シイタケの代わりに昆布を入れるのも構いませんし、鰹節でもよいでしょう。好みのままに、つくることができます。

 この「だしのもと」で味噌汁をつくるのであれば、お湯に入れるだけで済みます。もちろん煮物や野菜炒め、鍋をつくるのにも便利です。しかも市販のもののように粉末状なので、保存も手軽に行えます。市販の「だしのもと」はそのほとんどに、化学調味料が入っています。旨味を感じる成分ではありますが、身体によいはずがありません。化学調味料摂取のリスクをわざわざ買うくらいなら、乾物をミキサーにかけるだけの「自作だしのもと」で安全と安心を手に入れましょう。だしがらも無駄になりません。

 「自作だしのもと」は横着な人にこそお勧めできます。運動や食事に限らず、健康のための生活改善は、無理のない範囲で実践するべきです。化学調味料を避けたいからといって、料理人のように一からだしをとるのは、まめな人に限られるでしょう。時間もお金も限られている中、各々ができることを、ストレスフリーで行ってください。