薬局の強み

薬局の強みとして言えるのは、薬剤師のみが扱うことができる第一類医薬品を利用者に対してお勧めできるということがあるかもしれません。第一類医薬品は、医療の現場で使う医薬品を、より一般性を高めて販売しているもので非常に効果が高く、うまく利用できれば患者の治療に大きく役立つものであるということは、皆さんも知っているかもしれません。患者自身に実感を与えるくらいに、効き目がある医薬品を販売できるということは、薬剤師の特権であると言えるかもしれません。このような医薬品を販売する際には、薬剤師が注意をしたりするような、情報提供をするということが、法律で義務付けられているわけですがこのコミュニケーションが現代社会の薬局では非常に重要になってきているわけです。セルフメディケーションという言葉が重要視される現代においては、この部分で薬剤師が積極的に関わって行くことが期待されているわけです。

ただ、待っているだけではなく薬剤師自身が的確なアドバイスをして、薬を一緒に洗濯するという態度を持ち続けなければならないということは確実に言えるでしょう。現代の薬局では、一つの店舗に網羅的に薬を置くということが、求められている中でそれは、患者側から見ればどれを選んでいいのかわからないという選択を迷う状況にも繋がってしまっているということは、確実に言えるかもしれません。

このような状況の中で、いったいどのようにして患者とともに薬を選択していくのか、という最善を尽くすための手段は様々にあるわけですから、専門的な職業に就いているという自覚を持って薬の洗濯をしていてほしいものですね。

接客を重視した薬局というものは、昔は当たり前であり、商店街にある、かつての薬局などでは世間話をしにお客さんがよるということも少なくはありませんでした。このような状況が続いていればお客さんの情報を把握しやすく薬も選びやすかったわけですが、今では生活と薬局が大きく切り離されてしまっているために、行きつけの薬局がほとんどないという人も多いという風に聞いたこともありますから、もう一度このような状況を作り出していくことが期待されているのかもしれません。

そして薬局においてお客さんに「また通いたい」と思わせる接客をするためには従業員が大切となってきます。中でも薬局における専門業務を担う薬剤師はその中核となるのです。薬剤師の求人を出すには近年では薬剤師専門の求人サイト・転職サイトあり、利用者も多いと言われています。うまく利用するとよいでしょう。